上高地 久しぶりです
冬の上高地トレッキング以来で、夏の上高地 はいつ以来だったでしょうか

楽しみにしていたのに、無情にも 天気予報は 176.png マークが
それでもせっかく予定したので行くことになりました 

あかんだな駐車場に車を止め、ここからは上高地までシャトルバスで向かいます
a0195071_09193158.jpg
さすがに霧雨が降っているのでバスを待つ乗客の姿がまばらです 物好きは私達だけ? (^_^;) 
平湯温泉を経由して上高地までは約30分の乗車です 
それでも、平湯温泉で物好き集団?が乗り込んできました ^_^;  バスはほぼ満車になりました

散策コースをどうするか? 「大正池から帝国ホテルでお茶したい」「せっかく来たのだから一周歩こうよ」などそれぞれが… (~o~)
結局 多数決で 

大正池でバスを下車し大正池→田代池→田代橋・穂高橋→ウエストン碑→河童橋→バスターミナル に決定 大正池でバスを下りました

「このくらいの雨なら なんてことないわ 雨の大正池もおつなもんだわ」と傘をさしながら大正池に向け出発しました

霧雨の中大正池
a0195071_09433351.jpg
霧が立ち込める幻想的な 大正池 が目の前に開け 感動!
大正池から立ち昇る霧と山から下りてくるガスで人影も靄の中に浮かび上がり絵のような雰囲気で、静かな湖畔 

a0195071_09471894.jpg
しばらく感動に浸っていると霧の中から大正池のシンボル 立ち枯れの木が少しづつ見えてきました

a0195071_09492146.jpg
池の水の透明なヒスイ色もはっきりと見えてきました
a0195071_09515205.jpg
それぞれ思い思い美しい光景をカメラに収めていました 
「穂高は見えなくても、こんな美しい景色は今日でなきゃ見ることができなかったから 雨も悪くはないよね」
と話しながら大正池を後にし田代池に向かいました

a0195071_09554180.jpg
木道の両脇に カラマツソウやショウマ が咲いていました
a0195071_09563115.jpg
焼岳や穂高連峰の美しい山容を見ることができる広場も残念ながらガスで山の姿を見ることはできませんでした
a0195071_09580303.jpg
また樹林帯の 自然研究路 の中を歩きます

a0195071_10020326.jpg
大きな サルノコシカケ を発見!
a0195071_10031493.jpg
緑の中に鮮やかな アザミ
a0195071_10040617.jpg
雨が止んできて少しづつ山の姿が見えるようになってきました
a0195071_10070693.jpg
田代池
a0195071_10083682.jpg
晴れていればこんな風に見えるんだって
a0195071_10114440.jpg
木道を歩いていると向かい側から元気な中学生の集団とすれ違いました
みんな「こんにちわ!」と元気いっぱいに挨拶をしてくれこちらも負けずに「こんにちわ!」 と 若者パワー 166.png もらいました
a0195071_10232854.jpg
田代橋 を渡り梓川の対岸へ
a0195071_10253609.jpg
数日雨が降り続いているのに 梓川 の水はとてもきれいです
a0195071_10273177.jpg

穂高橋 を渡り ウエストン碑 に向かいます
a0195071_10293658.jpg
a0195071_10304907.jpg
ヤマホタルブクロ 
a0195071_10343533.jpg
ウエストン碑
a0195071_10353838.jpg
道沿いの花たち
ウツボグサ
a0195071_10380969.jpg
この花なんでしょう? ツリガネニンジン?それともソバナ?   
a0195071_10424052.jpg
河童橋 に到着 大勢の観光客でにぎわっていました
a0195071_10450626.jpg
河童橋の下を流れる梓川にまた川霧が立ち昇ってきました 
a0195071_12104248.jpg

雨の日もそれなりの楽しみ、美しい景色を満喫した上高地トレッキングでした 




# by hanakitagawa5 | 2017-07-27 12:04 | お山ものがたり | Comments(3)

何年ぶりかの2回目の 僧ヶ岳 登山
前回は 烏帽子コースから山頂をめざす山行でしたが、虫に悩まされたのとシラネアオイとニッコウキスゲの記憶しかなく山頂からの展望の記憶が全くない (^_^;) 

もう一度僧ヶ岳のてっぺんに立ちたいと猛暑続きで、早くも夏バテ気味の体ながら参加しました 
大鷲山での脱水からの足のけいれんという苦い経験から、今回は水分補給に心がけこまめに水分を取りながら登りました 


宇奈月温泉の平和の像
a0195071_13142092.jpg

宇奈月温泉街と黒部川をながめる  はるか先には日本海がうっすらと見える
a0195071_13152844.jpg
本来なら標高1043mの第三駐車場まで車で登れるのですが、土砂崩れのため通行止め
仕方なく第二駐車場から山頂を目指すことになる 登山準備を済ませしばらく林道を歩くと標高660mの第二登山口に着き、そこから登り始める

a0195071_13195383.jpg
登山道はいきなりの急登から始まり、階段状の登山道をゆっくり登るが、歩きはじめの体が慣れないので息がはずむ (ふぅー)
a0195071_13222840.jpg
20分ほどで鉄塔が現われ、側を回りこんで樹林帯の中へ

a0195071_13245113.jpg
時々 黒部川から吹き上げてくる風が心地よい
a0195071_13312846.jpg
ブナ林を進むとロープが設置された登りが  結構な急登です
a0195071_13264090.jpg
標高800m辺りまで来ると風が止み林の中は蒸し風呂のような暑さで汗がしたたり落ちてくる  148.png
a0195071_13301198.jpg
ヤマアジサイがつかの間の癒し
a0195071_13334565.jpg
一息ついてまた登り始める

a0195071_13352788.jpg
登り始めから1時間30分 標高1043mの第三駐車場展望台 に到着 

サウナから出たような汗まみれで展望台に着いただけで、疲れた~! まだ本当の登山口にも着いていないのにです (^^ゞ
本来なら ここから登山開始だったのに… なんてこったー!

1050m展望台から後ろ立山連峰を眺めることができるのですが、曇り空で今一つ
a0195071_13381323.jpg
a0195071_13394185.jpg
気を引き締めて いざ出発!
5分ほど林道を歩くと 宇奈月尾根登山口 はしご に到着
a0195071_13453525.jpg
梯子を登ると登山道も岩が混じる急登になる
a0195071_13473926.jpg
a0195071_13482756.jpg
宇奈月ダムを見下ろしつかの間の風を感じる  
a0195071_13500194.jpg
標高1400mを過ぎると登山道も大きな岩が混じりはじめる 
a0195071_13515343.jpg
a0195071_13522648.jpg
途中 登山道が崩れている所でリーダーが手を貸して下さいました
a0195071_13540326.jpg
標高1500m付近にはマイズルソウの群生が広がり遅めの花がまだ咲き残っていました
a0195071_13564566.jpg
途中の池にはモリアオガエル? の卵が浮かんでいて、その中からオタマジャクシが生まれていました
a0195071_13591025.jpg
登山道ではゴゼンタチバナ、ギボウシ、カラマツソウ、モミジカラマツ、ツマトリソウ が咲いていて暑さや疲れで心が折れそうになった私を力づけてくれます
a0195071_14042352.jpg
a0195071_14052841.jpg
a0195071_14061158.jpg
a0195071_14062607.jpg
a0195071_14071258.jpg
a0195071_14075935.jpg
a0195071_14082205.jpg
標高 1500mを過ぎたころから参加者の中から疲労がピークになった方が出始めたためここで今後の山行予定を協議
結果 僧ヶ岳山頂は下山時間を考えて時間的に無理なようなので、体力がある方のみ前僧ヶ岳まで登り、引き返すことになる

何とかちょこちょこ水分補給をしていたので、足のけいれんが起こることもなく体力もあるので、前僧ヶ岳まで行く組に入れてもらい山行を続ける 
a0195071_14160841.jpg
この辺りには まだサンカヨウ の花を見ることができた
a0195071_14182741.jpg
 前僧ヶ岳 の頭が見えてきました
a0195071_14211234.jpg
登り始めから5時間 やっと 標高 1775mの前僧ヶ岳山頂に無事到着です
a0195071_14224766.jpg
「お腹すいたー お弁当 食べよう 食べよう 」
おにぎりを頬張っていると、仲間の方が持ち寄った 冷たくておいしい茄子の漬物、トマト、キュウリの青シソ和え、ゴボウのしぐれ煮など様々なおかずが回ってきます 自分が持って来たおかずを食べる暇がないほどです
仕上げは生のフルーツをヨーグルトと合わせたデザートまで回ってきます もう最高! 疲れが吹き飛びました \(^o^)/ 

お腹が満たされると元気が出てきて、「せめて仏ケ平のお花畑 まで行きたいね」 となり リュックをデポして向かいました

a0195071_14463849.jpg
お花畑は ニッコウキスゲ、シモツケソウ が咲いていて 「ここまで頑張って登ってきてよかった!」とガスに見え隠れする僧ヶ岳山頂に目をやりました 
a0195071_14393163.jpg
a0195071_14395336.jpg

a0195071_14442158.jpg
前回の時はもう少しニッコウキスゲがたくさん咲いていた気がするが、笹が多くなってきたようで、全体数が減っているのかも
それに花の見ごろはその時の運   ここまで来れただけでも満足せねば 

もう100m弱登ればてっぺんに立てたのですが、帰りを考えるとやはり今回はここまでが体力限界かな? 

お花畑を振り返りながら前僧ヶ岳の荷物のところへ引き返しました

「さー 下山開始! 頑張って行きましょう 」

烏帽子尾根分岐まで下りてきて、そこから参加者の体力を考慮し、烏帽子尾根コースを下山し標高1280mの登山口から第2駐車場までは林道を歩き、第2からまた登山道を第3駐車場まで下りることになりました 
a0195071_14473314.jpg
烏帽子コースは途中林道が土砂崩れで通行止めのため人が入らないためか、藪こぎに近い状態でした
a0195071_14524858.jpg
途中のロープ場では 間隔をあけて慎重に下ります
a0195071_14534248.jpg
前僧ヶ岳より2時間ほどで登山口の林道に下りてきました
ここで思いがけない差し入れが 天草晩柑のシャーベット が みんなに一口づつ振舞われました
冷たくてジューシーで死にかけていた気力が復活してきました \(^o^)/

元気をもらってからの ここから50分ほどの林道歩き これがまた辛い! アスファルトの固さが足裏に強く当たり、自然の落ち葉のふかふかの道の良さを改めて感じます

それでも第2駐車場に到着、一服して 最後の1時間ほどかけて第3駐車場へ林の中を慎重に下りて行きました 

朝7時30分に出発して9時間30分の山行 無事に終えました
つかれた~~! (ーー゛) 

19684歩 の 汗、汗の体力勝負の山行でしたが 水は2リットル飲んだけど、汗はそれ以上出ていた気がする
なんたって 雨でもないのに帽子から雫が垂れてきたのは初めての経験でした
痩せたかなぁー とわくわくして乗った体重計 あれ?壊れてるんじゃない? 
なんと 増えてました ガーン! 143.png
確かに よく食べたし そんなもんか (^^ゞ  

いつもと違うメンバーとの山行で初めは緊張してたけど、皆さん良い方ばかりで楽しい山行でした 
今日も 家族に山仲間に自分の足に 感謝! 



# by hanakitagawa5 | 2017-07-23 15:11 | お山ものがたり | Comments(2)

毎年恒例の 納涼会 熟女たちのお楽しみの一夜 (^_-)-☆ 

毎年この季節になると、 「納涼会どこにする?」 「 最近そんなに飲まないから こじゃれたお店にしましょうよ」

て、ことで 今回の納涼会は 「 ビストロデュ マルシェ ゴッツォーネ 」 に決定

初めてのお店で 楽しみにして出かけました 

しっかり者の幹事さん 飲物半額クーポンしっかりゲットし持参しておられました  さすが日頃の生活の達人たちの集まりです (*^^)v
9人そろったところで  167.png かんぱーい! 

まずは 前菜 から
白エビのガレット と 小松菜のスムージー 

a0195071_22025527.jpg
ガレット は 白エビが香ばしく 美味しかったのですが、少ししおしおかな? (^_^;)
スムージー は バナナ入り これ 朝に飲みたい感じ でした

3種の野菜のマリネ 鮎の塩焼き  テリーヌ 
a0195071_22105657.jpg
今年初めての  に テンションがUP です (^^)/ 


カルパッチョ
a0195071_22260964.jpg
野菜の量が微妙で ベテラン主婦軍団にしても 分けづらい (^_^;) 


ここまでは順調にお料理が出てきたのですが、 ここでお料理が休憩タイムになってしまいました
「ねぇ まさか こんで料理終わりじゃないよね 」「 まさか!」「 でも… 遅いね 」などと 熟女軍団は追及の声がでかい!

あまりの 声に シェフも こちらの席を チラチラ見ていました 

そして 「申し訳ありません メインの熟成肉の仕上がりにもう少しお時間を頂きたいので、このピザはお店からのサービスですのでこれで今しばらくお待ち願いませんか 」と 微妙な数に分けられたピザ 2皿を出してくださいました 

3種のチーズのピザ はちみつ添え
a0195071_22303058.jpg
「あら まー すみませんね ありがとうございまーす」 「美味しそう~!」 口口にわいわい 
「でも、数 半端ですよね」とずうずうしいったらー 119.png  おばさんたちはなかなかの厚かましさ発揮です (^^ゞ 
そこで シェフは 「 ピザ争奪じゃんけん大会 でもして時間をつぶしててください 盛り上がりますよ (^_-)-☆ 」

なかなかの 神対応でした \(^o^)/ 

そうこうしていたら お待ちかねの メインデッシュ の登場 です 
熟成肉と野菜のグリル
a0195071_22415204.jpg
赤ワインソース、ゆずこしょう、粒マスタード、岩塩 色々のお味が楽しめました
焼玉ねぎも甘くておいしい~! 

ガーリックライス
a0195071_22500700.jpg
夏バテ寸前には 元気が湧いてくるようでした 

デザートは 青シソのシャーベットがかかったフローズンヨーグルト?
この辺りではもうお料理の説明なんて耳に入っていませんでした( へへへ )
a0195071_22532201.jpg
気心の知れた仲間との美味しいお料理と少しのお酒と楽しいおしゃべりと  いやぁー 幸せな時間でした 

一夜明けた 今日 全国で2番目の猛暑の中 今度はランチ会 に 

卵 たまご、 タマゴ のランチです 125.png   

建物までが 卵色 でした (#^.^#) 
a0195071_23022225.jpg
ラジオで気象台の方が 「日本一暑い雪国 富山です」って言ってました が、フェーン現象で本当に暑い!日でした
こんな日は やっぱり カレーが一番! と 夏カレーランチ にしました

 まずは 卵スープと 茹で卵、温泉卵 が出てきました
a0195071_23054807.jpg
次に カレーが出てきました 
ご飯が卵ライス で 一瞬オムレツか? と思いましたが、ライスでした (@_@)^
a0195071_23085886.jpg
デザート は モンブラン 
a0195071_23095716.jpg
ちなみに ナマチョコシフォン と モンブラン の2種類から選ぶのですが、モンブランの数が少なかったので、今日も争奪戦でした
でも、今日はメンバーが違うので 「言うたもん勝」でだったので、 すかさず 「モンブラン!」と宣言しました (*^^)v 

いよいよ来週から 恐怖の夏休みが始まります
しっかり栄養と休養を取り、供えは 万全? 

ごめんね私ばっかり栄養補給して (^_-)-☆  

# by hanakitagawa5 | 2017-07-21 23:17 | 食べ物大好き | Comments(0)

今月の 寺子屋カフェ は

「薬膳ってなあに」

          ~薬膳茶とお菓子を食べながら~

      講師 国際薬膳師 野菜ソムリエ          

          「ふだん着の薬膳」 主宰   渡部淳子さん のお話

でした

ここしばらくは何かと所要が重なり欠席ばかりだったので、 久しぶりにお話を聞きに行きました

薬膳とは

薬膳(やくぜん)とは中医学理論に基づいて食材、中薬と組合せた料理であり、栄養、 効果、色、香り、味、形など全てが揃った食養生の方法である


病気の人に生薬を入れた 食療 をいい、薬膳学に沿って摂る食事のこと
薬膳では特に食材の旬はない 

旬の物を食べるのは、健康な人の食事で、 食用とか食養 と言う 

旬の物を美味しく食べられるのは やはり健康な証  そうなんですね

多少の薬を飲んでいても、旬の物を使ったお料理が美味しく食べられるのは、やはり健康! ってことなんですね 
(#^.^#) 
ただし、 腹八分 が基本ですが…   ここが難問です 私にとってですが (^^ゞ 

薬膳茶 を準備されていて、飲ませていただけました 

 ① 玉蜀黍茶 (トウモロコシ茶) トウモロコシの芯やひげを煎じたお茶 
    トウモロコシの甘い味がして、意外に飲みやすいお茶でした 

 ② 緑豆薄荷茶 (リョクズとハッカと甘草 のお茶)
   ハッカが爽やかで飲みやすい

 ③ 庭常菊花茶 (ニワトコ(エルダーフラワー)と菊花 の茶)
   何とも表現のしようがわからない味 私は苦手かな… (^_^;)

 ④ 双瓜皮茶 ( 新鮮な 冬瓜の皮、西瓜の皮 冬瓜のワタ なまら塩(昆布と塩))
   熱中症予防に良い 

熱中症はほとんどの場合3日前から少しづつ症状があらわれているが、本人は気が付きにくい
そんな状態が3日目には 眠くて起きていられなくなったり、身体が思うように動かなくなるそうです

「クーラーの部屋にいるし、喉もそんなに乾いてないけど水飲んでるよ」と言う人こそ気をつけて!
とのことでした
特に 入浴の前、入浴後、寝る前には特に水分を お茶やコーヒー、ビールは 返って身体から水分を放出してしまう
ので、気をつけて とのことで、 ビール好きには特に 常温水をたっぷり が良いそうです 

上記のお茶の材料です

                  左上 庭常菊花茶  右上 双瓜皮茶

左下 玉蜀黍茶    右下 緑豆薄荷茶
a0195071_21212943.jpg


野菜で地下にできるものは体を温める と思っていたのですが、少し違っていました (@_@)?

たとえば、大根 生で食べると 体を冷やす効果がある 熱をかけると 体を温める効果になる 
なので大根おろしや大根サラダは涼になり、おでんやみそ汁などに入ると 温 となる 

ゴボウ もどちらかというと涼になり、きんぴらにして唐辛子を入れると温となる  そうです

生姜は 生では 涼になり、発汗するが、身体を温める訳ではなく、熱をかけると成分がジンゲロールがショウガオールに変化して体を温めるようになる 
そう言えば 聞いた気がするわ うんうん (^_^)/ 

へー なるほどねぇー がいっぱいでした 
 
頭には知識 がとりあえず取り込まれ、 お腹に美味 を取り入れるのが この 寺子屋カフェ の最大の魅力です  \(^o^)/  

本日のメニューは
a0195071_21422464.jpg

お団子には豆腐が入っていて、羅漢果の密をかけていただきます

a0195071_21572593.jpg

a0195071_21575647.jpg


どれもこれも 本当に美味しく頂けたのですが、特にお気に入りは
赤紫蘇餡巻き でした

a0195071_21451578.jpg
青紫蘇ジュレ の横にある紫の棒状の物が 赤紫蘇巻き です  中を広げると 餡とくるみが入っていました
a0195071_21470554.jpg
あまりの美味しさに 奥様に是非にと作り方をお聞きしたら
赤紫蘇は 梅干しに入れるように塩でもんで、梅酢にしばらくつけてからよく絞って広げ、餡とクルミを包む
と教えてもらいました 

すごく手間がかかったお菓子で、いつもながら頭が下がります 

一緒に食べかけのワンタン見たいのは 講師の方が
「西瓜を煮詰めてオウギという密を入れて作った餡をワンタンの皮や焼売の皮に包んで揚げたもので、本来薬膳にはないものですが、材料が残るともったいないので作ってきました 」とご馳走してくださいました
a0195071_21544428.jpg
 知らないことや今まで捨てていたものがすごく体にいいものだと教えていただけ、家では作れないような美味しいお菓子も食べさせてもらえる 寺子屋カフェ 
もー 最高の場所です!  幸せを身も心にも感じ 感謝 感謝 です  <m(__)m> 

   
 

# by hanakitagawa5 | 2017-07-18 22:08 | 食べ物大好き | Comments(0)

a0195071_20333917.jpg
土曜日 妹子が 「 田んぼアート 見に行かない?」 と誘ってくれたのですが、用事があり行けなかった
「見ごろは いつごろ?」と聞くと 「多分 今でしょ 125.png 」

昨年は一人で探しに行ったけど見つけられなくて、見ることができませんでした
「今年こそ見たいね」と話していたのですが、日曜日、月曜日は妹子の都合が悪く予定があいません

あきらめきれなくて、こんな時はインターネットで探してみよう! で、見つけました
田んぼアートを載せていた方が親切に道案内も書いてありました 感謝! \(^o^)/ 

その前の年に妹子と見に行ったのですが、助手席にいたら道なんてぜーんぜん見てなくて、目印も覚えていませんでした
昨年一人で出かけたのですが、同じような場所で探していたのに見つけられなかったけど、今回はさすが道案内ですぐに見つけることができました

「そうそう ここ ここ! 」 
早速 土手の上から見て 「 わぁー 今年は コナン君だ! 」 と感動です 
a0195071_20463066.jpg
聞くところによると ご夫婦 お二人で作付けされているとのことです
それにしても 完成度が半端ないです! \(◎o◎)/! 

田んぼ一枚 ほぼ全面で描かれています 道路を通過する軽四 でその大きさが判ります
a0195071_20501767.jpg
本当なら もう少し高い位置から撮影すれば、はっきりした作品を見ることができたのに 残念です 
妹子によると 毎年 撮影にくる方が、最近はドローンを飛ばして撮影されているそうです

そんな技術もカメラの腕もないので かろうじて コナン君とわかる程度で満足しています

今年も素敵な田んぼアート見せていただけて、どなたかはわからない作者に心から 感謝です  <m(__)m> 
また来年も楽しみにしています  (^^)/ 
来年は 何かなぁ~ ・?  


# by hanakitagawa5 | 2017-07-17 20:57 | おもしろ発見! | Comments(2)