さくらのひとりごと izumitilyo.exblog.jp

桜が大好きさんのつぶやき


by さくら
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
続日本百名城に今年わが富山の 富山城址と増山城跡 が追加されたと新聞で知り以前から行って見たいと思っていた増山城跡に妹子登ってきました 

城攻め?にはまず 「腹が減っては戦ができぬ!」と 麓にある十割蕎麦のお店で レディス御膳 を頂く(^_-)-☆

a0195071_10311269.jpg
シコシコの十割蕎麦、カリッと揚がった山菜の天ぷら、蕎麦粉入りの水羊羹 お腹を満たし

いざ出陣です (*^^)v 

増山城は 越中三大山城の一つで、上杉謙信が三度攻めた城

増山城は庄川支流の和田川東岸にあり南北朝から中世末まで続いた山城

今は和田川ダム湖の側に登り口があります
a0195071_10343780.jpg
冠木門
a0195071_10443930.jpg
ダム湖湖畔には 桜 179.pngが初夏を思わせる風に揺られ、新緑の山に彩りを添えていました

a0195071_10462788.jpg
a0195071_10464901.jpg
案内看板を眺め 城攻め開始 (^^)/ 
a0195071_10474645.jpg
「城めぐりの極意」とは、
一、登るときは攻め手の気持ちで登ること。 その二 下るときは守り手の気持ちで下ること

とリーフレットに書いてありました (^_^;) 

新緑が目にまぶしい緩やかな登りを 縄張り図に従い当たりの気配を感じながら…

大手口(城の正面 ですが、門が残っていないので場所が不明らしい)
a0195071_10543750.jpg
a0195071_10564955.jpg
a0195071_10582522.jpg
馬ノ背ゴE郭 (西側の守りの要)
a0195071_11003442.jpg
又兵衛清水 (築城の際、山名又兵衛が発見した清水で城中の水源であったとされる)
とやま名水百選のひとつ
a0195071_11100263.jpg
二の丸 (主郭で敵がもっとも侵入しにくい場所)
a0195071_11125866.jpg
神水鉢 
a0195071_11142793.jpg
こんな小さな鉢の水に映る月で時刻が判ったのか? どうも怪しい? (^_^;)
a0195071_11155581.jpg
鐘楼堂
a0195071_11181999.jpg
チーン♪ いい音 125.png 
a0195071_11201344.jpg
ニリンソウ が咲いていました
a0195071_11223511.jpg
a0195071_11233845.jpg

馬洗池 (城主の馬を洗ったとされる池、空堀だった所を池にした)
a0195071_11244339.jpg

安室屋敷 (家督を譲り隠居した人の住居)
一段高いところに広がっていました
a0195071_11273426.jpg
地図が読めない二人 あちこち見て歩いて、はたと気ずいた 「あれそう言えば 一の丸は?」(^_^;)
少し戻って 矢印 見つけました  すごい階段 足が短くて登るのが大変
  一の丸 
a0195071_11361138.jpg
ここからの眺めは 最高! 増山湖と和田川 が広がります 
a0195071_11373939.jpg
木立を吹き渡る風に 「気持ちいいねぇー」とのんびりしていたら 突然 けたたましい音が
「救急車? 消防車?」ものすごい音が、 しばらくしたら空に ヘリコプターが轟音を鳴らして旋回し始めました
「何? 火事?」「まさか 訓練やちゃ」 「えー 昼から訓練なんて なんか変じゃない?」
a0195071_11440624.jpg

そんな会話をしながら 冠木門 まで戻ってきたら ダムサイトに消防車
どうやら本物の 山火事 のようです 146.png
a0195071_11445500.jpg
消防士さんがてきぱきと作業していた
a0195071_11563750.jpg

近くにいた人に聞くと「 亀山城辺りが山火事らしい (@_@)/ 」 たいへんだ! 
でも煙が見えない

空からヘリがダム湖に 消火用の水を汲んでいました
a0195071_12072145.jpg
へリコプター が亀山城の上空まで行き 水を撒くのを見ました

a0195071_12093298.jpg
今朝の新聞報道によると 
亀山城跡周辺の山の斜面で枯草や倒木約5.6アールを焼いた。防災ヘリや消防ポンプ車が出動し、約1時間20分で消し止めた
とありました  発見が早く延焼が防げてよかったです

山火事の消火作業を初めて近くで見て、大変なことだと思いました  消防士さん ご苦労様でした <m(__)m> 

亀山城跡まで足を延ばすつもりでいましたが、「暑いし、だやーなったから 帰っか 」と戻ってきてよかったです
もしかしたら 煙にまかれるか、頭から水をかけられて おろおろ していたかも… 怖い怖い 

皆さん! 山に限らず 火の元には十分ご注意を!  






# by hanakitagawa5 | 2018-04-23 12:47 | お出かけスポット | Comments(0)
お山が好きでいくつものお山を登って来たが、登山道がきれいに整備されている山は登っていても気持ちよく、楽しい山行ができる
登山道がきれいに整備されているのはその土地の行政が整備しているのだと、漠然と思っていました
今回 昨年入会した山の会の恒例行事として 登山道整備があり、初めて参加した 

目的のお山は 大乗悟山 標高590mの山 
今回のリーダーの一人の方が 富山の百山 に大乗悟山を次のように書いておられる (一部引用)

” 富山の南部、旧細入村楡原地区から西の山並みを眺めると双耳峰の左のピークが大乗悟山 
 この山は地元では大神宮様とも呼ばれる。城主は不明であるが、万一の時に立てこもる詰めの城跡である。"

林道楡原割山線を走ると 今回整備予定の第一候補地 水芭蕉の植生地に到着
a0195071_21422939.jpg
水芭蕉の 白い仏炎苞 が一面に咲いていた 
水芭蕉の植生地は杉木立を挟んで両側にあり まずはこの杉木立の中の倒木や枯れすすきなどを取り除き、下草を刈りこんだりの作業開始
a0195071_21475997.jpg
a0195071_21482555.jpg
a0195071_21494160.jpg
a0195071_21510557.jpg
作業は、会員約40名と地元の山を守る会の方数名とともに40分ほどできれいに整備された

a0195071_21514521.jpg
作業後 きれいに整備された水芭蕉を観賞
a0195071_21554286.jpg
a0195071_21561734.jpg
a0195071_21570797.jpg
ネコノメソウやスミレ、ヤマブキなどもきれいに咲いていた
a0195071_21583872.jpg
a0195071_21584968.jpg
a0195071_21591967.jpg
大乗悟山の登山口は 南側登山口と林道をもう少し進むと北側登山口がある
作業人数が多いので、南登山口から頂上へ整備しながら登る班と、北登山口から登る班と2班に分かれて整備を始めた
私は北側登山口からの班
登山口に激励するかのように 白いカタバミの花や、真っ赤な椿の花が見送ってくれた

a0195071_22054431.jpg
a0195071_22062770.jpg
登山道は木々に埋もれているので、先頭を行く男性陣が草刈り機で下草を刈り、その後ろから鎌や剪定ばさみを持った女性たちが登山道を覆うように広がっている木や笹などを刈り込んでいく
a0195071_22072978.jpg
a0195071_22115040.jpg
ずっと下ばかり見て チョキチョキ していて、ふと腰を伸ばすと 美しい風景が広がっていました

a0195071_22142261.jpg
山には まだ桜が咲いていました
a0195071_22152849.jpg
この花 なんだっけ? 一面群生していて 目を楽しませてくれる
a0195071_22173163.jpg
a0195071_22182095.jpg
まだマンサクの花が残っていた
a0195071_22231752.jpg
サンシュ? 黄色が目を引く!
a0195071_22240119.jpg
作業の手を休めてはお花見していたら先頭集団が見えなくなっていて道はきれいに整備されていた (^^ゞ

a0195071_22200116.jpg
北側登山口からの登りは急こう配な場所が2カ所ほどあり、ロープが張られている
a0195071_22215734.jpg
追いついたら 最後の登り 頂上はもうすぐ

a0195071_22272124.jpg
登山口から約1時間かけて頂上に到着!ふぅー 暑いよ~! だれだ?このビールを置いたのは 飲んじゃうぞ!(^_-) 
a0195071_22283146.jpg
今日は天気予報ではな、なんと気温30度の真夏日になると言っていた
お山の頂上はそれほどにはならないだろうが、燦々と照りつける 174.png太陽に汗が噴き出してきた 119.png 

とりあえず 「お昼だ お弁当だ! (*^^)v 」
にぎやかなランチタイム いつもながらの手作りおかずが手渡しで次から次へと回ってくる
皆さんすごくお料理上手 おにぎりだけでよかったようで、お腹がはち切れそうなくらい次から次… 142.png

お昼の時間を利用して コンパスの使い方や地図の見方の勉強会 が開かれ、初心者は熱心に教えてもらいました
a0195071_22405214.jpg
a0195071_22414285.jpg

ご飯の後は 頂上の草刈り 草刈り機を振り回す男衆に「179.png桜の木を切らないように気をつけて」

a0195071_22460472.jpg
刈り込まれた頂上はすっきりと広い空間になりました
周りの山々もすっきり展望できるようになりました
a0195071_22440943.jpg
a0195071_22451417.jpg
イカリソウ が一輪咲き始めていました
a0195071_22473208.jpg
大乗悟山は随分前に一度登っただけだったので、下山は南側登山口へ降りる班に加えてもらった 
きれいになった頂上を後に下山開始
a0195071_22503668.jpg
神が宿る?桜が (^_^;) こちらでも見ることができました 
a0195071_22524765.jpg
南側登山道はゆるやかな道で杉木立の中をのんびり歩いておりました (ほとんど昔の登った時の記憶がない…)161.png

芽だしのギボウシやリュウキンカ に癒されながらあっという間に登山口に下りてきました 

a0195071_22575740.jpg
a0195071_22584270.jpg

初めての登山道整備作業に参加して、色々なことを知り、山を愛する人々の心意気の素晴らしさを実感した
楽しくも勉強になった大乗悟山行でした
そして集合場所の神通川第二発電所まで戻ってきました
a0195071_23031223.jpg

# by hanakitagawa5 | 2018-04-21 23:08 | お山ものがたり | Comments(2)
毎月 観音様の日にお誘いを頂く 寺子屋カフェ 
今月のメニューは

「色づかいは、心づかい 

     ~桜色を愛でる~

  講師 高須 佳美さん

  カラーコーディネーター・アロマコーディネータ―

  くゆら織り


でした

日本人の美意識 さくら あれこれ  と題して  にまつわるお話 をお聞きしました

a0195071_11403831.jpg


さくら大好きの私は ワクワクしながらお話を聞かせてもらった 


さくらは 日本人にとって特別な花 

人の生死と桜の散り行く様が深くつながり、日本人の美意識が心に強く響く花


そもそも さくら の語源は 3つほどあるという

その① 桜の音 

    さくらの さ は いっぱい とか より大きく という意味がある

    さくらの  は 混ぜ合わせるとか組み合わせる 

    さくらの  は 群がる様を表す 

    よりたくさんの花が群がるように集まって咲く花 ということだそうです

    こんな感じでしょうか?

a0195071_11391499.jpg
その② 木花咲耶姫 
    「木の花」が桜、「咲耶」は咲くを意味し、さくやという言葉が 桜 になった
     コノハナサクヤヒメ は、恋愛、結婚、出産 の女性の一生を守ってくれる 女神さま
     
     木花咲耶姫が富士山の山頂から花の種をまいたのが、 さくら だった


その③ 奈良時代田んぼの神様が恵みをくれたのが 稲 

    さくら は占いや信仰の対象としてあり、さ は作物、くら は座 で、桜には神が宿るとされ

    霊的なものとして あがめられた


  なるほど…  さくら大好きだけどこんな風に勉強したこともなく考えたこともなかった私でしたが

 その美しい花の姿に心惑わされて虜になっているのも 桜に神が宿っているからかも… (^^♪ 


確かに 桜は 蕾が膨らんできたときから咲きはじめ次第に満開になり、時が満ちるとはらはらと花びらを風に乗せ

遠くまで飛ばし そして水面へ また集まって 花筏として流れに身を任せながら去っていく 

日本人の琴線に触れる 遥か平安の時代から この美しい花を 詩にされてきたのもうなずける 


文学的才能がない私は ただ 「きれい~ 」と眺めるだけですが…  (^_^;) 


ちなみに
「お花見」は、花を愛で、春の気を全身にいきわたらせる「清め祓い」の儀式

 桜の花が日本をピンク色に染めるときは、春の女神がすべての人に「よみがえり」というエネルギー        を与えてくれる   

沢山のお花見をした私は、もうこの季節エネルギー満タン!? (^^)/ 


高須先生は カラーコーディネート がご専門 

さくら色 についてもお話しされた

もともとさくら色 すなわち ピンク色 は 赤色と白色を混ぜた色 

色の違いは 混ぜ具合と明度と彩度 でたくさんの色が生まれる 

a0195071_11552891.jpg
さくら色が人の体に与えるものは 身に着けることで アドレナリンが出て元気がでるという

西洋では ベビーピンク が人の心を和ませ幸せな気持ちになる という


さくら色は アンチエージングにも効果 があるといい、つい 耳ダンボ! 何 なに?

視力もよくなる色 また、筋肉の緊張を和らげる効果もあり ゆったり、うれしいなどの心になる

暖かい感覚や体温が上がり脈拍も少し上がる そうです 


平安時代 貴族の女性たちが身に着けるものを 重ね色 という表現で着飾っていたという

重ねの色は1000色ほどある

重ね色とは 2色を合わせるカラーコーディネート  配色することで、季節感や自己表現をするという

人の思いを表す力があった

表の色(薄物)と裏の色目 を組み合わせることで生まれる


a0195071_12145044.jpg

平安貴族は季節を先取りして装うのがおしゃれ と 2月から3月にこの桜色を取り入れていたという

おしゃれが季節を先取り っていうのは今も昔も同じ

したがって 今 4月 では粋じゃないので 「今即 さくら色を取り入れようかと企んでも時すでに遅し?」129.png

でも せっかく教えていただいたので、何か小物にでもさくら色取り入れてみようかしら…

来年まで待てないもの (~_~;) 


さくらは 女性の美意識だけではなく、経済的効果も高い花とのこと

そう言えば 花があってもなくても 花見の宴会、花見イベント、花見にお出かけ … などなど


先生はアロマデザイナーでもあるので、香りについてもお話を伺った

桜はバラ科の植物で その香りには 抗うつ作用、血流を良くする作用、むくみの改善、血圧の安定(調整)などの力がある

甘い香りの成分は ベンザアルデヒド が含まれている

そんな 甘ーい香りのカードを頂いた カードには128本分のバラの花から採った香りが浸み込んでいる 

参加者一同 思いっきり鼻を広げて胸に吸い込んでみました

「このカード一週間ほどで香りは消えるけど、カードには成分が残るので防虫効果があり捨てないで」 とのことで

カバンの中に大切にしまい込んだ 


会場には くゆら織りのタペストリー もふわっとおしゃれに展示されていた

a0195071_14150968.jpg

その中のブルーのタペストリーは 先生が 「青空に桜が咲き誇る様」をイメージして織られたもの

a0195071_14182331.jpg
織物は経糸と横糸を交差させることで織り上げる

経糸はお経の経と書くのは内に秘めて表に見えない糸だから だそうで普通の織物は経糸が人目につかないので安い糸を使い横糸を高価な糸にする

しかし くゆら織り はその見えない縦糸にこだわりの高価な糸を使用し、密かに見えるように織り上げるのだそうです

でも私にはやはり横糸の色のグラデーションに目を奪われてしまいました (^^ゞ

a0195071_14243463.jpg
大好きな桜について色々教えていただき、「やっぱり さくら 最高!」


今月の美味しい手作りおやつ は 桜を思わせる素敵な着物をお召になった奥様のいつもながらの手作り3品

これも 桜にこだわったスィーツ でした

             桜とヨモギの米粉クッキー

          桜色シフォンケーキ

          薬膳団子ココナッツクリームがけ

             桜 茶 

a0195071_14304650.jpg
今月の寺子屋カフェ も楽しくて学べて美味しくて 幸せな寺子屋 でした

感謝! 









# by hanakitagawa5 | 2018-04-19 14:42 | ひとりごと | Comments(2)
吉峰樹木園 の桜の森には遅咲きの桜が色々あり、毎年見に行く楽しみの場所でもある

糸括り
a0195071_15251609.jpg

松月
a0195071_15260269.jpg

思川 
a0195071_15270727.jpg
東錦
a0195071_15274062.jpg
ウコン八重
a0195071_15283229.jpg

群大島 
a0195071_15303983.jpg
a0195071_15312210.jpg
江戸
a0195071_15315349.jpg
めしべに大島
a0195071_15334542.jpg
a0195071_15342463.jpg
簪さくら
a0195071_15370793.jpg
関山
a0195071_15380244.jpg
八重枝垂れ
a0195071_15385656.jpg
八重紫
a0195071_15395086.jpg
見事なまでの赤紫 がすごい!

a0195071_15405909.jpg
兼六園菊桜
a0195071_15420589.jpg
大島桜
a0195071_15443556.jpg
ヤマザクラも満開
a0195071_15454514.jpg
太白
a0195071_15482898.jpg
駿河桜
a0195071_15500634.jpg
紅笠
a0195071_15505238.jpg
紅華
a0195071_15520883.jpg
雨情枝垂れ
a0195071_15530413.jpg
花笠
a0195071_15540645.jpg
ここにしかないと言われる  血脈桜
a0195071_15553463.jpg
a0195071_15562066.jpg
ヤマザクラが満開で山は華やかな装いでした

a0195071_15572095.jpg
a0195071_16011356.jpg
これは何? ぐいっとの背伸び!
a0195071_16034502.jpg
わらびも拳をあげていました
a0195071_16060137.jpg
春の日差しを受けて 色々な種類の桜とこれぞ春! を見つけてきました 




# by hanakitagawa5 | 2018-04-17 16:10 | さくらの好きな花たち | Comments(2)
岐阜の古川町 桜の名所 宮川 川の両岸の桜並木 今が満開でした
この日は生憎の雨模様でしたが、時々晴れ間ものぞき美しい桜咲いてました \(^o^)/ 
 
a0195071_20393742.jpg
a0195071_20423022.jpg
a0195071_21005674.jpg


前日からの雨でいつもは水がきれいな 宮川 濁流になっていました

a0195071_20412429.jpg
a0195071_20401700.jpg
古川祭りは
「ユネスコ無形文化遺産」に登録がされた古川祭は、町内にある気多若宮神社の例祭で国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統神事
この祭は、神社での神事、、"動"の「起し太鼓」と"静"の「屋台行列」が二大祭事

気多若宮神社に行くと19日からの祭りの準備をする法被姿の男衆
a0195071_20523016.jpg
広場には 太鼓を載せる櫓の組み立ての真っ最中
a0195071_20535376.jpg
櫓の準備が終わり、太鼓はまだ蔵の中 19日 当日まではそのままなのか?

a0195071_20544856.jpg
a0195071_20560785.jpg
祭りは勇敢に太鼓の上にも男衆が乗り らしい こんな風に
a0195071_20571262.jpg
紅枝垂れが春の祭りを盛り上げるようにきれいに咲いていた

a0195071_20451078.jpg
a0195071_20585482.jpg
白壁土蔵が並ぶ瀬戸川にも桜が美しく咲いていた
a0195071_20594250.jpg
以前は 飛騨高山 に出かけることが多かったが、最近は高山と変わらない街並みに加え、観光客もほどほどでのんびり散策でき、お気に入りの地酒の蔵元もあり もっぱら 飛騨古川町 で四季の美しい風景を楽しむことが多くなった

古川町にくると必ずと言っていいほど立ち寄るお店がある 運転手さんも私もお気に入りの 手打ち蕎麦屋

お店の名物 ねぎ味噌天ぷら (味噌が美味しい素朴な天ぷら)
a0195071_21093721.jpg
いつもはねぎ味噌天ぷらにざるそばを注文するのですが、「限定」の文字に弱い私は この貼り紙を見つけた!

a0195071_21121001.jpg
早速  「帰ってきた 君のそば」 注文してみました  (ミーハー この上なし (^_^;)  )

想像してたものとは少し違った?  冷やしぶっかけに色々具がのっていました
a0195071_21132660.jpg
貼り紙の具材の他に ダイコンおろしと鰹節と赤カブの漬物(赤いのがそれです)が入っていました 

その上運転手さんの蕎麦についていた本生わさびを貰っておろし金でおろし 汁に溶かして食したので、何とも表現しがたい味になりました \(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ? 状態です (^_^;)
もちろん まずくはないのですが… 微妙でした 

やっぱり蕎麦好きは、いつも通りの 定番 が良いと思いましたが、 次回も 「限定」の張り紙を見つけたら… 
懲りない さくらです (^_-)-☆ 



# by hanakitagawa5 | 2018-04-16 21:25 | お出かけスポット | Comments(0)