さくらのひとりごと

ブログトップ

2019年 初めの山散歩 二上山 トレッキング

一週間程前から風邪を引き「記念すべき平成最後の初めの一歩、山歩 行けるかなぁ~」
とりあえずおとなしく家にこもって快復を待ちました
すると 山の神様は私の見方でした \(^o^)/
咳は残るものの体調は戻り、元気に新年初めの山歩に参加することができました

山行案内には 雪上の山歩き となっていましたが、ほとんど雪がないので かんじき はお預け となりました

今年最初の山は 二上山 です
a0195071_11584217.jpg
 


登山口となる高岡市城光寺球場の駐車場に集合 総勢31名 皆さん元気に集まりました
午前9時 登山準備 リーダーから山行ルートの説明を聞く
駐車場出発→城光寺の滝→松の広場→展望台→二上山山頂(東峰・男岳 標高:274m)→ 城山(西峰・女岳 標高:259m)→ 大伴家持像→前の御前→ → 駐車場着 
a0195071_21542534.jpg

穏やかな稜線を描く山は、ふたつの峰(二上山(東峰・男岳 標高:274m)
と 城山(西峰・女岳 標高:259m))からなり
いにしえから神の山として崇拝されてきた

 今日はお天気もよく、風もなく穏やかな日和 足慣らしにふさわしい?のんびり歩き始めます
a0195071_22015119.jpg
肌木が多い中に赤い実?を発見 「○○ギリ」 と教えてもらったんですが(○○ を忘れました (^^ゞ )
a0195071_22040511.jpg
まずは、城光寺の滝を見に行きました
a0195071_22144265.jpg
歩いているとまたまた赤い実が 
a0195071_22153553.jpg
写真を撮っていると「いちごだよ これ食べられるよ」との声に「 甘いわ 126.png 」と誰か
すると別な方が 「撮るのは写真だけにしとかれ 食べに来る動物の分だから」と なるほど
撮影後に私もお味見?と伸びていた手が止まりました (^_^;) 

山道はぬかるんで 長靴が正解だったか と思うほどです
a0195071_22245046.jpg
歩き始めて15分ほどで 城光寺の滝 に到着 
a0195071_22292502.jpg
城光寺の滝 は 別名 めいせんの滝 とよばれ 落差8mの小さな滝 
近くの地名に行者の屋敷・祓堂・藤巻があり、紀州熊野権現と関わりがあり「那智」「名千」が「めいせん」に読み変わったと考えられるが、真意は不明と 看板に書いてありました
滝の横に 一体、手前に三体の 四体の不動明王 がまつられてありました
a0195071_22394491.jpg
滝を後にして緩やかな登りをしばらく歩く 湿った落ち葉が歩くたびに ぬるっ ずるっ と……  あ~ん103.png
a0195071_22423851.jpg
途中で 植物に詳しい方が 「ここにダイヤあるよ」と教えてくれました 
「なに?ダイヤ!」とキラキラ光るものを想像していたら … ふ~ん 確かに ダイヤ だわ (´。`) 
a0195071_22454367.jpg
歩き始めて 約1時間 松の広場 で休憩タイム
a0195071_22464283.jpg
そこから10分ほど歩くと雪が やっと冬の山行の気分 109.png
a0195071_22503762.jpg
ぬかるんだ山道を登ってきて登山靴がドロドロになったので、わざと道から少し外れて時々雪の中を靴の汚れを落としながら歩きます すぐまた汚れるので無駄なことでしたが、たのしい!!

途中 展望広場 の標識が、ありましたが「ここは案内の展望台ではなくもう少し先です」とリーダーの声に 
「確かに ここから何も展望できんわ」と笑いながら歩きます 

しばらくすると 緑の鉄骨の建物が見えてきました  こちらが 二上展望台 (月見台) でした
a0195071_23011681.jpg
展望台からは 富山湾や射水市が一望できました  しかし かすんでいて今ひとつすっきりとは… 

a0195071_23041188.jpg
a0195071_23042356.jpg
展望台からは0.2kmほどで二上山山頂
a0195071_23070196.jpg

途中 トーテンポールみたいなもの なんだろう?・?
a0195071_23085955.jpg

いよいよ 山頂です

a0195071_23094056.jpg

a0195071_23102279.jpg

海側の射水市方面が先ほどよりよく見えて来ました
a0195071_23111352.jpg

記念撮影を、済ませお弁当を食べる予定の 城山へ向かいます
a0195071_23121283.jpg
城山には大きな 平和の観音像 慈光 が安置されている(6mのブロンズ製)

a0195071_23151448.jpg

城山(守山)には 二等三角点 

a0195071_23193138.jpg
この三角点に丸い金属が埋め込まれていて それがGPS対応の印と教えてもらいました 
a0195071_23210315.jpg
城山山頂は、広い広場で春には桜に彩られる人気の場所とのことでしたが、今はまだ花芽もお休み中でした 

また ここから 小矢部川の蛇行している様子を眺めることができます
a0195071_23272587.jpg
木々が邪魔で小矢部川の蛇行の様子は今ひとつ展望が……   (^_^;)
a0195071_23273695.jpg
観音様を眺めながら美味しいお弁当タイムを過ごし、12時に出発

午前中の薄曇りの空が、段々空も青くうっすらと海越しの立山連峰が肉眼では見えるようになってきました 天気予報通り?115.png
a0195071_23330361.jpg

しばらくは林道というより、車道歩きです
a0195071_23332959.jpg
春のような日差しの中 長い列のあちらこちらで 笑い声が聞こえ楽しく歩きました

大伴家持の若き日の像が木立の中に見えて来ました
万葉の歌人 大伴家持 が「玉くしげ 二上山に 鳴く鳥の 声の恋しき 時は来にけり 」
と読んだ  その方です

a0195071_10213254.jpg
「せっかくだから お顔見に行かんなあかんわ! 」と交代でお膝元まで登って つくづくながめて 
「へ~ 家持さんてこんなお顔してらしたんだ 」(~o~) 
a0195071_10132761.jpg
この家持さん なんと国守として赴任した5年間で223首の歌を残された 才能の持ち主 そんな目で見ると
「なんかいい男!」 ただしこれが本当にお顔ならの話ですがね 104.png

万葉植物園の中を通り抜け、悪王寺社のお社がある前の御前まで降りてきました

そこからまた林道を下る 林道の所々にオリエンーリングの目印、そのがあり37番でまた山道に入ります
a0195071_10441748.jpg

尾根道のような山道を歩いていると 「ごぉ~~ん ~」と静かな山に重厚な鐘の音が響いてきました
谷を挟んだ向かい側の鉢伏山近くにある 平和の鐘 の音です  
木立の向こう海側の仏舎利塔があるのですが、見えませーん (^^ゞ 
a0195071_10501125.jpg

鐘の音を聞きながら山道を歩くのはいかにも新春山行にふさわしい気がして鐘の音に耳を澄ませました

登山口の城光寺駐車場まで周回コースで のんびり楽しい新春山行を終え 改めて

今年も 登るぞ! 166.png
と決意を新たにした 平成最後 (*^-^*) の 新年初山行 を終えました

総行程 約4.5km 11733歩 消費カロリー206 136.png  摂取カロリー 半端ない 111.png 満腹 の山行でした









# by hanakitagawa5 | 2019-01-13 11:03 | お山ものがたり | Comments(2)

さざれ石 見たことある?

a0195071_20242859.jpg
さざれ石 とは
日本国歌に詠われる 「 君が代は 千代に八千代に さざれ石 のいわおとなりて こけのむすまで 」のさざれ石

小石が長い年月経て集まり岩のようになったもの そこに苔が生える 
団結と繁栄と平和の象徴として歌われる石のこと だそうです 

このさざれ石には お賽銭?が埋め込まれていました  (^_^) 
a0195071_20354426.jpg

このさざれ石があるのは 加賀百万石前田家の城砦だったかも の 妙成寺 です

妙成寺は能登の至宝 龍に護られ、いにしえを今に伝える (と観光パンフレットに書いてありました)
前田家三代当主利常の母 寿福院が菩提寺としたお寺
利常から五代綱紀まで70年かけて伽藍が建立され、後生の手が加えられないまま現存する桃山建築の建物で国の重要文化財

仁王門 (1625年建立 国指定重要文化財)
a0195071_20530788.jpg
五重塔 (高さ34.18m 1618年建立の木造五重塔)
栃葺きの屋根は五重塔としては全国唯一 
a0195071_20564619.jpg
五重塔の正面扉の彫刻 
a0195071_21035821.jpg
裏扉の彫刻

a0195071_21054912.jpg
三十番神堂・左が拝殿 (1614年建立 国指定重要文化財)裏手から望む
a0195071_21112546.jpg
丈六堂 (1686年建立 重層入母屋造柿葺)
a0195071_21152368.jpg
堂の中には六尺の立像の 釈迦牟尼仏
a0195071_21195207.jpg
本堂 (1614年建立 国指定重要文化財 )
a0195071_21215416.jpg
欄間の極彩色の彫刻が目を引く
a0195071_21255223.jpg
鐘楼 (1625年建立 国指定重要文化財)
a0195071_21305032.jpg
シャクナゲの花芽 今にも咲きそう
a0195071_21331437.jpg
書院に活けられた花 花器もお花も立派でした
a0195071_21344412.jpg
庭園から眺める五重塔 
a0195071_21371254.jpg
浄行堂 
a0195071_21410352.jpg
浄行堂に安置されている 浄行菩薩 は、身についた煩悩の汚泥を水で流し清めてくれる
a0195071_21451511.jpg
寒の入りの冷たいお水を御身にかけてお願いしてきました
これで、すっきり?煩悩が…  ほんとうならいいのになぁ^~^

おみくじを引きました  でした
引いた時は 「なんか 残念 吉か」でしたが、おみくじをよく読んだら うふふ… 113.png  

「 春風に氷のとくる如くにて こころの苦労 はや消えにけり
  久しく苦労せしかどもようよう、萬事安心するように成べし 」とありました (^_^)/ 

さて、長いお正月休みも終わり、いよいよ明日から仕事も始まる 
がんばろう! 166.png    (^_-)//


# by hanakitagawa5 | 2019-01-06 22:00 | お出かけスポット | Comments(3)

寒風の冬の日本海 と 安宅住吉神社

初詣に地元も氏神様と後どこか一箇所毎年出かけている
「今年は どこにする?」
伊勢神宮は遠いし… 「どっか近間で良いとこないかしら? (´。`)? 」

そういえば昔金沢の珠姫様のお寺 天徳院 が、すごく素敵なお寺だったことを思い出した
神社ではないが、お寺でもお参りはできる 

加賀百万石の前田利常公が正室珠姫様の菩提を弔うために建立されたお寺 
珠姫様とは徳川秀忠公の娘で、3歳の時に加賀藩にお輿入れされ、14歳で利常公と結婚、24歳でなくなるまで前田家と徳川家の融和のために頑張られた方

からくり人形の上演もあったと記憶していて、楽しみにして出かけたのですが…… 
ナビちゃん 確かに天徳院へ連れて行ってくれたのですが、どこを探しても入り口が見当たらなーい 何で?151.png ??

細い路地をぐるぐる回り、裏口らしき所は見つかったのですが、駐車ご遠慮ください との張り紙に…… (T_T) 

これは仏様が「今回はご遠慮ください」とのお告げかも と、諦めて 天徳院裏口を後にしました

さて、 どうする? です 
せっかく金沢まで来たのだけど、街中は人でごった返しているだろうから 人混みはいやだし
どこか良いところないかなぁ ??

「そうだ! 義経、弁慶の 安宅住吉神社 がよくない?」 
そうと決まれば 小松に向けて車を走らせました 

途中 松井秀喜ミュージアムの看板を横目に (*^-^*) 
小松はほとんど雪がない! 県境の小矢部はあたりが白くなっていたのですが なんだか不思議 


のんびり車を走らせ安宅住吉神社近くまで来たら 想像以上に車の列が …… (゚ロ゚) 
それでもなんとか近くの駐車場に車を止め 目指す 安宅住吉神社 へ
a0195071_20422443.jpg
a0195071_20450868.jpg
かがり火が赤々と燃えていました
a0195071_20455247.jpg

境内には 弁慶が勧進帳を読み上げる銅像 がありました  (逆光のせいか全体が暗い m(_ _)m )
a0195071_20554488.jpg
安宅神社は快くお参りを受け入れていただけたようで、今年の家内安全をお願いしてきました 124.png

お参りを済ませ、潮の香りに引かれ海まで歩いてみました

a0195071_21051740.jpg
踏まれてもへこたれない そんな強い生命力 パワーもらえそう!!
a0195071_21330340.jpg

海岸近くに 歌舞伎十八番で有名な勧進帳の場面の 銅像が展示されていました

a0195071_21073677.jpg
なかなかりりしいお姿の 義経様 でした  (*^-^*)

a0195071_21091520.jpg
海に目を転じれば そこにはまさに 冬の日本海 
白い波頭が勢いよく天に向かって立ち上っていました  ざっぶ~ん と 

a0195071_21205777.jpg
a0195071_21220467.jpg
a0195071_21344174.jpg

これは何の実? ザクロのようなルビー色
a0195071_21230977.jpg

安宅の関公園内を散策したかったのですが、晴れてはいるものの 風が冷たく 140.png  
運転手さんが、風邪気味なのですごすごと車に戻り帰宅の途につきました 


早く風邪治してまたどっか行こうね (*^-^*)/  










# by hanakitagawa5 | 2019-01-04 22:23 | お出かけスポット | Comments(6)

平成から新しい御代へ いつもと変わらぬ年越し模様 


あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします  m(_ _)m 

ひとつひとつ全てが 「平成最後、平成最後 」と言いながら2019年の年が明けました 
特にいつもと変わらぬ新年を迎える準備に追われ あっという間に新年がやってきました

新聞のコラムに「なんとなく 今年はよい事があるごとし 元日の朝 晴れて風なし」という石川啄木の言葉が掲載されていました
そんな言葉にぴったりの 少し雲がかかるも立山連峰が朝日に染まる元日を迎えました 
立山連峰の初日の出ではなく、テレビで放映された 富士山の初日の出 です 110.png
a0195071_14043431.jpg

大晦日はいつも通り 華やかさはないものの、我が家の お節料理 頑張りました (*^-^*) 
a0195071_14252398.jpg

夜には カウントダウン花火  青くライトアップされたこじんまりとした富山城も色を添えています
a0195071_14271327.jpg
a0195071_14272652.jpg
花火の後は 除夜の鐘突き 

a0195071_14303799.jpg
a0195071_14311789.jpg
私も願いを込めて思いっきり 「ご~ん 」とひと突き 鐘の響きを手に感じながら 

a0195071_14370200.jpg
初詣は 氏神様 於保多神社 通称 天神はん にお参り 
a0195071_14394263.jpg
牛さんに 「今年もよろしく m(_ _)m 」とご挨拶
a0195071_14395526.jpg

夜には親族が我が家に集合  恒例の 新年家族会
亡き義父の弟の長老を筆頭に21名ほどが狭い我が家にひしめき合いながら 賑やかに和やかに 飲んで、食べて、ビンゴ大会を楽しんだりと日付が変わるまで盛り上がりました 

2019年も平穏な年明け  今年もみんな健康で、楽しく、仲良く和気藹々と過ごせますように 



# by hanakitagawa5 | 2019-01-02 15:07 | 季節の楽しみ | Comments(3)

平成最後の年末いろいろ 忙しいなぁ~ でも 楽しいかも (*^_^*)

一昨日から冬将軍がそろそろと北からやってきて、「お待たせ~ (^_-)/ 」とお土産持参 辺り一面を真っ白に 135.png

a0195071_21224165.jpg
前日までは雨が降ったり、やんだり 冬特有の隙間の青空に  も見せていた空 まだ明るかった

a0195071_21265143.jpg
いたち川の水仙も花びらを広げて師走の水面を見つめていた
a0195071_21315950.jpg
a0195071_21350769.jpg
水仙たちのひそひそ話が聞こえてきそう (*^_^*)  
「人間って大変よね 師走は色々忙しそうだし 私たち掃除せんでもいいもんねぇ 」なんてね (^^ゞ
a0195071_21363919.jpg


前日のこんな穏やかな日から 一夜明けたら これだけ積もっていました 空も鉛色に
昨日の水仙たちも震え上がっていることだろう なんかかわいそう……
a0195071_21400400.jpg
日中で一度ほぼ溶けたのですが、夕べまた同じほど積もっていました
累積で20センチぐらいでしょうか 明日まで降るらしい が、まだ除雪するほどではない 

そろそろ 雪はね を玄関に出してこないといけないかな? 

新年の準備で忙しいとあくせくしているのに 冬休み中の まごっちたち
「なんか ひま~ 」「どっか行きたーい 」「エコリンク行こうよ!」

「宿題しられよ それがいやなら 掃除の手伝いしてよ」 という私に4人口をそろえて 

「大丈夫! 掃除せんでも そんなに汚なないちゃ 」「買い物のついでに行ってこようよ ねぇ~125.png

結局 4人の圧力?に負けて (-_-;) エコリンク行ってきました
a0195071_22012175.jpg
a0195071_22014345.jpg
中学生二人は スケート、スケート とうるさかった割には 壁の花? フェンスにもたれて乙女談義に余念がない
なんなんよ! 家で話しとられ!  です 
ちびっ子ふたりは楽しそうに歩いて?ぐるぐる回っていました 本人たちは滑っているつもりらしい (*^-^*)


残り2日 そろそろ ねじりはちまきで頑張らねば…… 166.png
おせち料理の準備 元旦の我が家の親族一同30名ほどが集う新年会の準備もあるし
のんびり遊んでいる時間はない! 

そんなこんなで今年も終わろうとしています 
たくさんの山に登り、美味しいものを食べ、やりたいこと、やりたいようにさせてもらえた 楽しい一年でした 
来る新しい年も また 元気で楽しい年でありますようにと願っています 

今年もたくさんの方にご訪問いただき、またうれしいコメントをたくさんいただきました
本当にありがとうございました   感謝! m(_ _)m 
来年もよろしくお願いいたします 

新しい年が皆様にとって佳い年でありますように  \(^o^)/ 


# by hanakitagawa5 | 2018-12-29 22:43 | ひとりごと | Comments(0)